面接時の注意事項

志望動機・面接

なぜ理学療法士や作業療法士にしなかったのかという質問について

面接の際に、『何故、同じリハビリステーション系の資格の理学療法士や作業療法士にしなかったのか?』という質問をされる事が多いです。

自分自身がなぜ「言語聴覚士」としての仕事を選択をした理由を自分なりに考えておくと良いでしょう。

強い思いを話すことができれば、より就職(転職)に有利になる事が多いです。

また、上述の言語聴覚士としての仕事の選択を考えておく事で、、多くの面接時の質問に対して回答が出来る様になるでしょう。

理由としては、全ての質問に対する回答の土台にしていくことができるので、ここの部分をしっかりと考えとく事が重要であり、急な質問にもしっかりとした返答する事ができるでしょう。

志望理由の回答

言語聴覚士として選んだ職場には、必ず意味や動機があります。

志望理由を伝える時に、下手に飾った言葉を利用するよりも素直な気持ちで回答する事によって好印象を持たれる事が多いです。

面接や志望動機では言語聴覚士としての質や、向上心を見られることにもなりますが、人柄を何よりも重視している場合もあります。

素直に回答するという気持ちをもっていれば、返答に対して深く突っ込まれた時にも、自分のありのままを知って頂く良い機会になるでしょう。

転職したい病院や施設の特徴を明確にコンサルティングが出来る『言語聴覚WORK』のキャリアエージェントにお任せ下さい。

あなた様の満足できる転職活動をサポートをします。

是非、ご相談下さい。

ブランクOKの非公開求人も多数!