言語聴覚士の活躍の場

言語聴覚士の職場

言語聴覚士の約80%は、病院やリハビリテーションなどの医療機関で働いています。

次に多いのが、老人保健施設や老人ホームなどの福祉施設や介護施設及び訪問看護リハビリステーションです。

その他、養護学校や障害者施設などにも活躍の場があります。

医療機関での活躍

言語聴覚士のメインの職場は、口腔外科、耳鼻科、リハビリテーション科が多いです。

患者さんのリハビリをしていくことがメインの仕になります。

その他、検査を担当し、口腔の機能などを評価する仕事をすることもあります。

【注目】福祉・介護業界での活躍の場が拡大していきている

言語聴覚士のもうひとつの働き場所としては、福祉・福祉業界が考えられます。

福祉施設や介護施設の場合、食べ物を飲み込むことが困難なご老人も多いため、言語聴覚士は食事という面の専門性がより高く求められることも多く、食事の場面でしっかりと援助していくことが大きな役割になってきます。

病院などと違っていわゆるリハビリという時間を確保されていないことが多いです。

日常的な場面を利用して評価をし、訓練を取り入れていくことができるのは言語聴覚士として非常に高いスキルを求められます。

日常生活に溶け込ますことができればできるほど、訓練を受ける人の負担は減っていくことになります。

また、近年では地域包括ケアシステムの中で在宅医療が注目されております。

福祉・介護施設だけではなく在宅医療分野でも言語聴覚士の活躍の場が増えております。

こうしたリハビリステーションと違った職場で1on1のコミュニケーション能力を養われ、且つ、熟練した技術を学ぶことができる現場です。

転職したい病院や施設の特徴を明確にコンサルティングが出来る『言語聴覚士WORK』のキャリアエージェントにお任せ下さい。

あなた様の満足できる転職活動をサポートをします。

是非、ご相談下さい。

ブランクOKの非公開求人も多数!