言語聴覚士の就職先

就職先

どんなタイプの言語聴覚士になりますか?

あなたは今の現状を考えてどんなタイプですか?

・しっかりと現場で経験を積んでいける言語聴覚士になりたいのか。

⇒現場で経験を積んでいきたいということになると、やはり地域の中心になっている病院が良いでしょう。

どのような地域でも大きな病院はあるもので、そこに多くの人が集ってきます。

人が多い病院であれば、それだけ経験を積める機会が増えることになります。

・何かを研究できるような言語聴覚士になりたいのか。

⇒研究をしたいのであれば大学病院などに就職先が定まってくることになります。

また細かく言えば、

・より生活に密着した言語聴覚士になりたいのか

⇒生活に密着したいというのであれば、医療から少し離れて福祉現場での仕事も良いでしょう。

・医療ということに特化した言語聴覚士になりたいのか?

⇒こちらは上述のタイプですね。

これらを転職する前に考えておき、決めることができればおのずと就職場所は決まっていくことになるでしょう。

転職先を選ぶときには待遇なども重要な決め手となります。

但し、それ以前に自分がどんな言語聴覚士になりたいのかを考えておくことも重要です。

どんなタイプでも対応出来るリハビリステーション特化の人材サイト『言語聴覚士WORK』のキャリアエージェントに一度ご相談下さい。

言語聴覚士の将来の生活設計は?

自分が将来どのような暮らしをしたいのか、どのような暮らしをイメージしているのかによっても転職先は見えてくると思います。

家族を持ちたい、結婚したいというのであれば、休日や休暇をしっかりと職場を選んでおくと良いと言えます。

逆に、多くの場所で経験を積みたいというのであれば、転職がしやすい就職場所にしておくと良いでしょう。

転職は、目的(労働条件:給料・勤務時間・休日・福利厚生・成長出来る環境・色々と経験出来る環境etc)がしっかりとしていれば決して悪いことではありません。

自分の夢があるのであれば、転職は重要な一つの手段になります。

転職をしたいと思っている方は一度キャリアエージェントにご相談下さい。

リハビリステーション唯一の人材マッチングサイトである『言語聴覚士WORK』にお問い合わせ下さい。

ブランクOKの非公開求人も多数!