言語聴覚士の就職・求人募集の状況

就職・求人募集の状況

理学療法士・作業療法士の比べると求人が少ない

言語聴覚士の求人は、理学療法士や作業療法士といった他のリハビリテーション職に比べるとかなり少ない傾向にあります。

しかし、それだけ希少性が高い資格と言えるかもしれません。

ご自分で求人情報を探すときに、求人数が少ないと感じてしまう理由としては、医療職の場合、探し方が偏っていたりまたは条件が厳しすぎるということが多々あります。

また、実際に募集している職場が少ない場合もございます。

まずは、広く視点を持って言語聴覚士としての仕事が、どんな風に求人されているのかを確認をしていくと良いでしょう。

あきらめなければ自分の希望に近いものを見つけることもできるはずなので、あせらずにじっくりと探していきましょう。

まずは、自分の希望条件を見つける為にキャリアエージェントをうまく活用する方法があると思います。

求人媒体にはない非公開求人も多数ございます言語聴覚士WORKへ一度お問い合わせ下さい。

医療分野だけでなく色々な分野を探していく

言語聴覚士の求人の中で、医療機関が高い割合を占めています。

そのため医療機関を前提に求人を探される方が多くいます。

しかし、言語聴覚士は福祉・介護の分野や教育の分野でも広く求人の需要があります。

そう言う分野で、言語聴覚士としての可能性を切り開いていく人材になっていくこともできるでしょう。

また、福祉・介護などの業界では、意外にも求人倍率はあまり高くないことが多く、積極的に採用してくれることも多いです。

新しい分野の求人も言語聴覚士に特化した『言語聴覚士WORK』にお任せ下さい。

キャリアエージェントが、あなたの希望に近づく求人をご提案させて頂きます。

ブランクOKの非公開求人も多数!