言語聴覚士の給与・待遇

言語聴覚士の給与・年収

給料はどれくらい?

言語聴覚士の給与のボリュームゾーンは25万~30万くらいとなります。

年収は300万円~400万円くらいが目安となるでしょう。

同じリハビリテーション関連の職業である理学療法士や作業療法士と比較すると、わずかながら給与は低めの傾向です。

但し、言語聴覚士は、まだ人数が少ない職業であるため、
地域や勤務先によってはかなり良い待遇で受け入れられる可能性もあります。

言語聴覚士の給料は、勤務先によって変ってきます。

大きな病院と小さな病院、医療業界と介護業界でも差ができてしまうことになるので、収入を一番に考えたいのであれば、仕事内容や待遇などをしっかりと見ておく必要があるでしょう。

また、給料以上に職場環境や福利厚生、自分自身の成長出来る事を仕事に対して求めている事を自分で見つけておくことができないと、言語聴覚士としてモチベーションがあまり上がらなくなってしまいます。そして、仕事を続けることが難しくなってしまう場合もあります。

給料も大切なことになりますが、自分にとって何が得られて成長出来るかを考えておくことも大切です。

待遇や雇用形態は色々

言語聴覚士の働く領域が広がっております。

その為に、勤め先は病院というイメージからどんどん広がりを見せています。

同時に雇用体系や待遇なども大きな広がりを見せていき、同じ言語聴覚士であっても、勤務先によって生活の様子は大きく変わるでしょう。

福祉(介護)施設の職場であると医療職ということで待遇が良くなることがあります。

ただし、良くなると言っても、それを理由に職場を選んでしまうことはあまりオススメしません。

やはり自分で本当にやりがいがあり、そこに行きたいと思った職場であることが必要で、そのような職場であれば多少待遇が悪くても、しっかりと仕事をすることはできることも多いです。

情報収集をしっかりとした方が良いです。

情報収集によって、その後の展開は大きく左右されます。

勤務時間・休日

勤務時間について

勤務時間は9:00~18:00前後が一般的です。

リハビリテーションは日中に行うため、基本的に夜勤はありません。

ただし、リハビリの記録や翌日の準備などで残業になることもしばしばあります。
休日について

リハビリという職業柄、急患の対応ということはほぼないため、しっかりと定期的に休みを取ることも出来ます。

仕事の量も一日でさばけるような量であることが多いです。

職場にもよりますが、非常に長い労働時間を体験することはなく、残業があったとしても夜遅くまで仕事をするケースはほぼありません。

職場によって休日が変わります。

土日が休みになっている職場もあれば、平日が休みになりその代わり土日に出勤ということもあります。

また、日曜のみ定休で、平日1日休みというパターンも多いです。

結果的には、休みの日数は変わりませんが、休みが気になる人は必ずチェックしておくとよいでしょう。

定期的に計画的に休みを消化していくことができます。

ただ、土日出勤になると、生活スタイルが通常の人と違ってきますので、プライベートを重視する場合は、いつ休日になるのか、よく検討しておいたほうが良いでしょう。

職場によって働き方は異なる

職場によって言語聴覚士も働き方が色々とあります。

仕事の量も休み方もバラバラであることが多いです。

それは、職場の方針が大きく影響してくるからです。

自分にあった働き方ができるかどうかというのも、職場選びの重要な要素となります。

ブランクOKの非公開求人も多数!